敏感肌の方が日焼け止めを選ぶポイント

敏感肌の方はスキンケアはなるべくシンプルで最低限のものに抑えるのが基本ですが、さらなる肌荒れを防ぐために日焼け止めは必須ですよね。でも敏感肌の方は肌が少しの刺激でも過剰に反応することがあるので、日焼け止め選びには注意が必要です。

 

ではどんな日焼け止めを選べばいいのでしょうか?敏感肌の方が日焼け止めを選ぶポイントを保紹介します。

ノンケミカルのもの

肌が敏感な方は、日焼け止めはノンケミカルタイプのものを選ぶようにしましょう。ノンケミカルタイプとは、紫外線吸収剤が不使用で紫外線散乱剤が使用されています。紫外線吸収剤とは紫外線エネルギーを熱など違う物質に買えるもので、紫外線散乱剤というのは紫外線エネルギーを跳ね返すものです。

 

紫外線散乱剤は肌の表面に皮膜を作って紫外線を反射させながら日焼けを防ぐので、比較的肌に優しいと言われています。最近は紫外線吸収剤不使用でも白くならず、石鹸で落ちるタイプのものもあります。

 

また、「敏感肌用」「子供用」と表示されたものもオススメです。こういったものは肌のバリア機能が弱い人でも使えるように作られているので、敏感肌の大人にもあっています。

適切なSPF値・PA値のもの

SPFというのは日焼けや肌の赤みを引き起こす紫外線の一種であるウUV-Bを防ぐ力の大きさを表し、PAというのは肌を黒くしてしまうUV-Aを防ぐ力を示します。どちらも数値が高くなるほど効果は高いですが、それだけ肌への負担は大きくなります。

 

ただし、SPF値は高ければ高いほど効果が高いのではなく、日焼けしてしまうまでの時間を先延ばしするだけという点が盲点です。つまり、数値が高ければ紫外線防止効果が高いわけではないので低いものを選んでも大丈夫なのです。

 

一般にSPF1というのは、何も肌につけていない状態より日焼けするのを20分から25分遅らせることができるということを表します。日本ではSPF50が最高値ですが、これは時間にすると20時間50分となります。こんなに長時間日焼けを防止する必要はないですよね。

 

敏感肌の方はなるべくSPF値が低いものを使って、肌の負担を小さく抑えることを考えましょう。その場合、こまめに日焼け止めを塗り直す必要があることも覚えておきましょう。

商品の成分チェックは必須

成分にケミカルな成分が使われていないものを選ぶのも重要です。なるべく、オーガニック成分が多く含まれているものや自然派のものを選ぶようにしましょう。海外のオーガニック認証を得たものだとより安心できます。また、香りがついている日焼け止めには注意が必要です。

 

香り付けのための香料は単に「香料」とだけ表示されることが多いので、具体的にどんなものを使っているのかわからないのです。香料はアレルギー反応を起こしやすい物質だと言われているので、日焼け止めはなるべく無香料のものを選ぶのが無難でしょう。

 

また、どんなに良い成分を使っていても、化学物質の配合量が少なくても人によっては肌がかぶれてしまったり荒れてしまうことがあります。そのため、初めて使うまえには必ず事前にパッチテストをしましょう。

 

二の腕や太ももの内側など、皮膚が薄くて、目立ちにくい場所に10円玉くらいの範囲でたっぷり日焼け止めをつけて30分後と2日後の皮膚の様子を観察しましょう。途中で何か異常が起きたら肌に合わないということなので、すぐに洗い流してしまいましょう。

日焼け止めの落とし方

敏感肌の方は、日焼け止めの選び方を慎重にするのはもちろん、落とし方にも注意が必要です。日焼け止めは肌に残ってしまうと肌荒れの直接的な原因になりますのでしっかり落とすことは大前提ですが、敏感肌になりがちな方は落とし方もできるだけ優しく行う必要があります。

 

また、お湯や石鹸で落としやすいものを使うのも謳歌的です。日焼け止めを優しく落とすポイントはまず、摩擦をかけないことです。石鹸・クレンジングともにゴシゴシするのは厳禁です。お湯は30度くらいの少し冷たいと感じる程度のぬるま湯を使って行いましょう。

 

暑すぎると皮膚を乾燥させる原因になり、敏感肌を悪化させてしまうので十分注意することが必要です。また、シャワーを直接肌に当てるのも肌が傷つく原因となることがあるので止めましょう。さらに、クレンジング剤や石鹸を落とすときには最低30回はすすぎを行います。

 

目に見える泡が取れるまでではなく、絶対に石鹸や日焼け止めを残さないように洗うのが重要です。髪の生え際や小鼻のくぼみに残りやすいので注意して洗い流しましょう。また、体では首筋から耳の後ろに日焼け止めや石鹸が残りがちなので気をつけて十分洗い流しましょう。もちろんここでも肌をゴシゴシするのは厳禁です。

まとめ

肌のバリア機能が弱っていて、化粧品をしっかり選ぶ必要がある敏感肌の方。それでも日焼け止めは塗っておかないと日焼けによってさらに肌の状態が悪化してしまいます。ノンケミカルのものでSPF値が低い低刺激の日焼け止めをこまめに塗り直すことが効果的です。

 

さらに、日焼け止めを塗るだけではなく、落とし方にも注意する点が幾つかありますのでぜひ記事を参考にして紫外線対策を行ってみてください。肌に刺激を与えずに肌を守ることで、少しずつ敏感肌も改善されていくことでしょう。