シミのタイプ別おすすめの美白化粧品

美白化粧品を使っているのにシミに効果が出ない。そんな経験はありませんか?実はその美白化粧品、あなたのシミには効かないものかもしれません。一口にシミといっても様々なタイプがあり、タイプによって効果のある美白化粧品が違うのです。

 

そこで、どんなシミの種類があって、それぞれに効果のある美白化粧品はなんなのかをご紹介します。自分のシミのタイプがどれなのかを探してみてください。

炎症性色素沈着(肌荒れ記憶じみ)

過去の皮膚の傷や炎症が色素沈着してシミになったものを炎症性色素沈着といい、別名「肌荒れ記憶じみ」とも言います。ニキビあとや傷痕など普通は薄茶色になって消えていくものがシミになって残ったものをさします。

 

虫刺されや脱毛で炎症が起き、それが黒くなって肌にのこったものもこの炎症性色素沈着に含まれます。このタイプのシミには美白化粧品が効果的です。美白成分であるビタミンC誘導体など、肌の透明感を引き出す成分を含む美白化粧品を使えばシミを薄くすることができます。

 

また、肌のターンオーバーを促すのも効果がありますので、ピーリングを定期的に行うことでシミを薄くする効果が期待できます。また、炎症性色素沈着は自然に消えることがほとんどですが、肌荒れや日焼けを繰り返すと消えにくくなるので日焼け対策を行うことも重要です。

老人性色素斑(日焼け記憶じみ)

シミの中でもっとも多いのがこの老人性色素斑です。若い頃に紫外線対策をしっかり行っていなかった人に多く現れると言われています。骨格の高い頬に現れることが多いのが特徴です。最初は薄いのに徐々に濃くなるのもその特徴です。

 

年を重ねるにつれてほとんどの人に現れるので老化現象の筆とうと考えられています。このシミは炎症性色素沈着ほどではありませんが、美白化粧品の効果が期待できます。そのためには早めに対策することが必要です。シミが濃くなるまえなら美白成分が浸透しやすく、効果が出やすいのです。

 

また、このタイプのシミは紫外線の蓄積が原因でできるので若い時から紫外線を浴びないことを心がけることが最も重要です。加齢とともに黒くなってしまったものはレーザーで治療することが可能です。

脂漏性角化症(出っ張りじみ)

このタイプのシミは皮膚の表面でイボのように膨らむのが特徴で、他のシミに比べてわかりやすいのが特徴です。良性の皮膚の主要だと言われ、紫外線に当たったり放っておくとより一層大きくなるという特徴があります。このタイプのシミは美白化粧品は効果がありません。

 

皮膚科でレーザー治療をすることでシミを薄くしたり、無くしたりすることができます。治療にともなって炎症性色素沈着が起こるというデメリットもありますが、個人差が大きいので皮膚科で一度診察してみることをお勧めします。

雀卵斑(そばかす)

雀の卵の殻の柄に似ていることからこのように命名されました。主に目の下にできる細かな色素斑のことです。このタイプのシミには遺伝的なものとそうでないものがあります。遺伝的なものは思春期にできはじめ、紫外線を浴びると濃くなったり広範囲に広がることもあります。

 

色白の人に現れやすいという特徴があります。メラニンの生成を抑制することでシミを薄くすることができるので、美白化粧品の効果が出やすいシミです。ただし、遺伝的要素が強い場合は美白化粧品の効果がでないことも考えられます。

 

遺伝が原因の場合はレーザー治療でシミを薄くすることがお勧めです。ただし、レーザー治療のあとにしっかり紫外線対策をしないと再発の可能性が高いことに注意しましょう。

肝斑(ぼんやりじみ)

主に目の下に左右対称に近い形でぼんやりと現れるという特徴があります。色は茶色のものから灰色のものまで様々です。肝臓の形に似ていることから肝斑と呼ばれていますが、実際には肝臓の働きとは無関係であることが知られています。

 

原因は解明されていませんが、妊娠中の女性や閉経後に現れることが多いため、女性ホルモンと関係が深いのではないかと言われています。原因はわかっていませんが、美白成分の入った化粧品でケアすることでメラニンを抑制して肌の透明感を引き出すことができます。ただし、摩擦によって悪化することが知られているのでこすったりするのは厳禁です。

花弁状色素斑

強い紫外線にさらされることで顔だけでなく首・肩・腕にまで現れる花びら状のシミです。海水浴などでできることが多く、雪焼けなど紫外線を強烈に浴びることで現れるシミです。マラ人が真皮まで達しているので美白化粧品では改善することはできません。

 

患部に熱を持っていることが多いですので、まずは冷やしてビタミンCを積極的に摂取することで改善できることがあります。また、即効性のある治療を求める場合はレーザー治療を行うと良いでしょう。

まとめ

シミといっても、大きく分けて6種類もあるのですね。あなたのシミはどのタイプでしたか?まずは自分のシミのタイプを知ることで正しい対策をすることができます。美白化粧品を使っても改善できないシミも多いので、その場合は皮膚科で診断してもらってレーザー治療を検討してみましょう。効果的にシミ対策を行って、理想的な美肌を手に入れましょう。