シミ消し化粧品の選びかたとシミを改善する方法

美白対策はとても大事ですが、できてしまったシミはできるだけ早く取り除きたいですよね。でも、シミの種類によってはシミ取り化粧品では改善できないものも多数あります。今回は化粧品を使えば薄くなるシミとそうでないもの、そして効果のあるシミ消し化粧品の選び方をご紹介します。シミにお悩みの方はぜひチェックしてみてください。

シミができるプロセスとは?

シミやソバカスの原因はメラニンで、メラニン生成の主な原因は紫外線だと言われています。肌の表面には角化細胞ケラチノサイトがあり、これが紫外線を浴びたときにお肌を守るため、メラニンを生成せよという指示を出します。

 

それによって作られたメラニンは健康な肌であれば細胞のターンおーはーによって体外に排出され、肌は元の色に戻るのですが、加齢によって代謝が悪くなった肌や敏感肌でターンオーバーが正常に行われない肌の場合はメラニンがずっと肌に残ってしまいます。

 

これがシミなのです。また、紫外線の盈虚だけでなく、精神的なストレスや老化、暴飲暴食などで活性酵素が生まれると、それに刺激されてメラニン色素が生成されることもあります、それだけでなく、ソバカスは遺伝的な要因であることもよくあります。

 

これらのシミやソバカスは美白化粧品やシミ取り化粧品を使うことで改善されます。ただし、中にはイボのようなシミもあり、これは皮膚科でのレーザー治療でしか改善しません。気になる場合は皮膚科で診断してもらうことをおすすめします。

シミ・そばかすの解消法

シミやそばかすが出来てしまったら、有効成分でそれらを薄くすることと、保湿をしっかり行って肌のターンオーバーを促すことが大切です。

シミ対策としての肌の保湿

肌のターンオーバーを促すためには、肌の保湿をしっかり行って肌の調子を整える必要があります。ターンオーバーが正常に行われると、一度シミができてしまってもメラニンを排出してシミをなくしたり、薄くすることができるのです。

 

でもシミができてしまった肌は普通の状態よりも肌の状態が悪かったり、肌のバリア機能が低下していることがほとんどです。美白化粧品は刺激の強いものが多いので、弱っている肌に美白成分のたっぷり入った化粧品を使うと、逆に肌を痛めつけてしまうこともあります。

 

そのため、シミを薄くしたいときには美白化粧品を使って保湿をするのではなく、肌に刺激の少ない化粧品を使ってケアすることをおすすめします。肌が十分保湿されて元の元気な状態にもどってから美白化粧品やシミ消し化粧品を取り入れるようにしましょう。

美白に有効な成分

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体はビタミンCに似た成分で、肌に浸透しやすいという特徴があります。また、体内でビタミンCに変化しますので、本来は肌に吸収されにくいビタミンCを効果的に浸透させることができます。

 

ビタミンC誘導体はできてしまったメラニンを還元してシミ・そばかすを薄くしたり消したりする効果が期待されますが、そのほかにも肌の奥でメラニン色素の生成を抑制し、色素沈着を防ぐのでこれからできるシミなどを予防することもできる優れものです。さらにはコラーベンを増やしたり皮脂の分泌を調整する働きもあるので、まさに美肌の味方なのです。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは酸化を抑える還元作用がある成分です。作用が強いために日本ではもともと医薬品として使われており、化粧品として使われるようになったのは2001年からです。それだけ高い効果が得られる美白成分です。

 

メラニンは紫外線の刺激によって酸化が進み、それによって色がどんどん濃くなってしまいますが、ハイドロキノンが配合された美白化粧品やシミ消し化粧品を使うことで酸化を還元し、メラニン色素を薄くする働きがあります。

 

また、シミやそばかすを薄くするだけでなく、肌全体の色ムラやくすみも消してくれるので肌に透明感が出るという特徴もあります。ハイドロキノンが配合された化粧品を使うとシミ・そばかすに即効性があり、使い続けることで肌全体を明るくすることができるのです。

 

紹介した美白成分、ビタミンC誘導体とハイドロキノンはシミを消すための代表的な美容成分です。シミを消したい場合はこれらの成分が高配合されている化粧品を選びましょう。

紫外線対策も重要

シミやそばかすを予防するには紫外線対策をしっかり行うことが重要ですが、実はすでにシミやそばかすができてしまった場合も紫外線に当たることで色が濃くなることがあるので、紫外線対策を行うことは重要です。

 

すでにシミができてしまったからもう遅いと思わず、常に紫外線を予防することを忘れないようにしましょう。紫外線を予防すれば肌のターンオーバーもスムーズに行われやすくなり、結果としてシミやそばかすが改善されるのも早くなります。

まとめ

いかがでしたか?シミができてしまったら美白化粧品でケアするのが一般的な方法ですが、場合によっては美白するよりも先に保湿をしっかり行うべきときもあるということをお分かりいただけたでしょうか?保湿を行って肌の状態をよくしてから、ご紹介した美白成分が高配合されたシミ消し化粧品を使ってシミを薄くしましょう。