オーガニックの意味知ってますか?

オーガニックといえば、スーパーで見かけることもあればコスメショップで見かけることもある単語ですよね。なんとなく、体や肌に優しいイメージがある言葉ですが、実際に意味をよくわからっていない人も多いものです。意味がわかると、どうしてオーガニックが人気なのがよくわかると思います。なんとなくわかった気になっている方こそこの機会にぜひオーガニックについて理解を深めてみましょう。

オーガニックとは?

最近よく聞くオーガニック、どんな言葉なのでしょうか?オーガニック(organic)とは、直訳すると、有機的なという意味です。食品においては、科学的な肥料や農薬を使わずに自然な方法で作られた野菜などのことを意味します。

 

化粧品においては実は明確な定義がなく、有機栽培された植物を使って作られたものという意味です。そのため、その製品にどれくらいの割合でオーガニック成分を使わなければならない、というような規定はありません。

 

オーガニック食品は農薬など化学合成肥料を使わずに育てた食品のことなのである程度安全性が保証されていますが、化粧品やシャンプー・リンスなどはその定義がとても緩いので、オーガニックと表示されているからといって肌や体に優しいとは限らず、合成物質が多く含まれていることもあるのです。そのため、正しく選ぶ目を養う必要があります。

オーガニック・天然由来・無添加の違いは?

肌に優しい化粧品やヘアケアアイテムを選ぼうと思ったとき、目安になるのはパッケージですよね。オーガニック・無添加・天然由来と表示があれば、なんとなくナチュラルで肌に負担が少ないようなイメージがありますが、実はこれらの言葉は同じ意味ではなく、明確な違いがあります。

無添加とは

無添加というのは、一般的に石油系の界面活性剤や防腐剤、合成香料などが含まれていないもののことを言います。100種類程度の添加物の中でどれかが入っていなければ添加物と表示することができます。

 

そのため、「防腐剤無添加」と書いてあっても合成香料や石油系の界面活性剤が含まれていたり、「合成界面活性剤無添加」と表示されていても強いアルコールが入っていたりするのです。

天然由来

天然由来というのは、一般的に天然素材を加工して作ったもののことを言います。製品の中で5%でも天然由来の素材を使っていれば、天然由来と表示することができます。天然由来という言葉だけではどれくらい肌に優しいかわからないので、主成分が天然由来かどうかを見分ける必要があります。

オーガニック

オーガニックは先ほど紹介したように、原料の栽培方法で化学合成物質を使っていないものです。ただし、オーガニック化粧品・オーガニックヘアケアと表示するための決まりはないので、中にはほんのすこししかオーガニック素材を使っていないものもあるため注意が必要です。

 

このように、オーガニック・無添加・天然由来と表示されてあっても、全てが同じように肌に優しい素材で作られているわけではありません。完全な認定機関がないために、どんなものでもそういった表示ができてしまうのが現実です。そのため、オーガニック・無添加・天然由来という表示に騙されず、自分で本当に良いものを見極める必要があるのです。

動物実験をしてない化粧品?

オーガニック化粧品や、環境に配慮した化粧品などを選ぶとき、パッケージや成分表示をよく読むことはとても大事です。メーカーよっては厳格なオーガニック認証機関で認証を得ているものや、独自の規定を設けてオーガニック化粧品を作っているところもあります。

 

パッケージを見ていると、OOO無添加・OOO不使用という表示のほかに、「動物実験をしていません」などという表示を見ることがありますよね?それはオーガニックと関係があるのでしょうか?

 

実は、化粧品を開発する過程で新成分を使うときには、人体にとって安全かどうかを調べるために動物実験が行われることが良くあります。オーガニックであることと、動物実験をしないことに直接的な関連はありませんが、オーガニック化粧品メーカーは人だけでなく環境や動物に配慮しているメーカーも多いため、そのような表示を良く見かけるのです。

 

私たちがそれらのメーカーの化粧品を選ぶことで、動物実験に手を貸さない手助けをすることができ、間接的に動物を守ることにもつながります。化粧品を選ぶことで動物愛護にもつながるなんて、驚きですよね。

 

また、動物実験をしていないメーカーは人の人体にも十分配慮していることが多いので、より良いメーカーを見つける手助けにもなります。今度オーガニック化粧品などを購入するときには、成分表示だけでなく環境に配慮しているかどうか、動物実験を行っているかどうかも見て見るとまた違った選び方ができて楽しいのではないかと思います。

まとめ

オーガニック化粧品とか天然由来とかよく聞くけど、結局肌にいいの?どういうものなの?そんな疑問を持っていた方は多いと思いますが、その疑問は解決されたでしょうか?一口にオーガニックといっても、その品質は一定ではないのです。認証機関の認証を得ているものを選んだり、自分で主成分を確認したりする作業が必要です。