日焼け対策の基本と応用

夏になると日焼けが気になりますよね。でも夏以外でも紫外線は降り注いでいるので、日焼け止めだけは年中塗っていたり、美白化粧品を使っているという方も多いと思います。日焼けをしたくないなら絶対に押さえておきたい日焼け対策と、徹底的に紫外線をカットしたい人のための日焼け対策の応用までご紹介します。

日焼け対策の基本

一年中日焼け対策をする

夏になると日焼け対策を頑張ろうという気になる方が多いですが、日焼け対策は1年中行うのが基本です。しかも、一番紫外線が高い時期は夏ではないのです。一般に、1年の中で一番紫外線量が多いのは5月だと言われています。

 

紫外線の強さは6月以降の方が強くなることもあるのですが、紫外線量で比べると5月が圧倒的です。そのため、夏の日差しが厳しくなってから日焼け対策を行っても遅いのです。

 

それだけでなく、冬でもピーク時の半分程度は紫外線が降り注いでいることにも注意しましょう。気付かぬうちにちょっとずつ日焼けしていたという事態を防ぐため、常に日焼け対策は行うべきです。

日焼け止めの効果的な使い方

外に出るときに日焼け止めを塗る方は多いですが、どれくらいの頻度で塗り直しをしていますか?SPF値やPA値が高いものを選べば塗り直しは不要だと思われがちですが、そうではありません。

 

日焼け止めは汗で流れてしまったり、皮脂で取れやすいので2〜3時間おきに必ず塗り直すようにしましょう。また、日焼け止めはSPF・PA値が高ければ高いほど肌への負担も大きくなります。

 

そのため、敏感肌の方や肌が弱い方はなるべく低い値のものを使い、こまめに塗り直すようにしましょう。ウォータープルーブの日焼け止めは夏には大変便利ですが、落ちにくいので洗顔で落とすときに肌が傷つきやすいというデメリットもあります。

 

なるべく簡単に落とせるものを使いましょう。メイクをしたまま日焼け止めを塗り直すことは難しいですが、日焼け止め効果のあるフェイスパウダーで化粧直しをしたり、スプレータイプの日焼け止めを使うのもオススメです。

日焼け止めグッズを使おう

日焼けどもも有効な紫外線対策ですが、それだけでは全ての紫外線を防ぐのは難しいと言われています。そのため、つばの広い帽子やサングラスも併用することをオススメします。特に、紫外線は肌だけでなく眼球にも悪影響を与えると言われているのでぜひサングラスは活用しましょう。

 

レンズの色が濃ければ紫外線防止効果が強いと思われがちですが実はそうではありません。レンズの色で選ぶよりも、UV加工が施されたものを選ぶのがポイントです。通勤・通学で外を歩くときには日傘をさすのも大変有効です。

 

ただし、日傘のUVカット効果は使い続けるとだんだん低下していきますので、定期的に買い換える必要があります。なるべく露出を少なくして、UV加工されたパーカーやカーディガンなどを羽織って肌に直接紫外線が当たらないようにすることも大事です。運転中などに日焼けしやすいため、アームカーバーなども活用しましょう。

日焼け対策の応用

内側から日焼け対策

日焼け対策は実は体の中からも行うことができます。日焼けによってメラニン色素が生成され、それがシミの原因になってしまいますが、それを肌にためないようにビタミン類を意識しながらバランスの良い食事をとることが大変重要です。

 

特に、美白化粧品にも多く含まれるビタミンCは食事で摂取することで美白を狙うことができます。ビタミンCはメラニンの生成自体を抑制するだけでなく、コラーゲンの生成も助けるまさに美肌の強力な味方です。

 

小松菜・ピーマン・キウイ・いちご・レモン・カリフラワーなどに豊富に含まれますので積極的に摂取しましょう。ただし、ビタミンCは水溶性のため、一度に大量に摂取しても体の外にすぐ排出されてしまいます。

 

体の中に止めるのが非常に困難な栄養素なので、食事のたびにこまめに補う必要があります。サプリメントも効果的です。その他、うなぎ・卵・チーズに含まれるビタミンAやかぼちゃ・大豆・ゴマに多く含まれるビタミンE、赤ワイン・緑茶・そば・ブルーベリーに多く含まれるポリフェノールも体の中から美白をする効果があるのでぜひ積極的に食べるようにしましょう。

しっかり睡眠

睡眠と日焼け対策には関係がないような気がしますが、実は深い関係があります。睡眠を十分に取らないと、成長ホルモンが正常に分泌されず、日焼けによる肌のダメージが回復できなくなり、少しずつダメージが蓄積されてしまいます。

 

成長ホルモンの分泌は23時から2時の間に活発になると言われているので、その時間はできるだけ睡眠をとるようにしましょう。より質の高い睡眠をとるため、就寝前に湯船にゆっくりつかったり、パソコンやスマホは使わないなど、眠りにつきやすい環境を整えることも大切です。

まとめ

誰もが憧れる白くて綺麗な肌は、すぐには手に入りません。日々の日焼け対策をしっかり行い、肌をしっかりケアしてあげることで手に入れることができるものです。日焼け止め対策を日々の
日課にましょう。また、食事でビタミン類をしっかり摂取することと、質の高い睡眠を十分にとることも大切です。