化学化粧品・無添加化粧品・オーガニック化粧品の違いとは?

オーガニック化粧品や無添加化粧品が多く出回っていますが、普通の化粧品と何が違うのか知っていますか?その特徴やメリット・デメリットを知ることで自分にあった化粧品を選ぶことができます。

 

今回は、化学化粧品・無添加化粧品・オーガニック化粧品がそれぞれどんなものなのかをご紹介します。

 

化学化粧品とは?

化学化粧品は別名ケミカルコスメとも呼ばれます。ケミカルコスメは成分よりも、消費者にとって買いやすく、使いやすいということに重きを置いています。メイクを落とすクレンジング剤や洗顔料は、なるべく少ない力で汚れがすぐに落ちるように、界面活性剤を多く含んでいるものが一般的です。

 

化粧水はよく浸透するように、石油系のミネラルを配合していることもよくあります。オイル・クリームなどは水分をのがさず肌にしっかり蓋をするために合成ポリマーなどを用いています。このように、化粧品に化学成分を配合したものが化学化粧品なのです。

 

化学物質を使うことで商品の品質を一定に保つことができ、それによって大量に安価な化粧品を作ることができるのです。界面活性剤は肌にダメージを与えるというデメリットがある一方で、化粧水やクリームに含まれているものは水分を蒸発しずらくして、乾燥を防ぐというメリットもあります。

 

化学化粧品には防腐剤が使われているものも多いので、一定期間は品質が保たれるというのもポイントです。

 

化学合成成分が使われているからといって絶対に使ってはいけない、肌に悪い、というわけではありません。肌へのダメージを抑えるように配慮されているものも多くありますので、パッチテストをしてから使用すれば問題ないことがほとんどです。

無添加化粧品とは?

無添加化粧品とは何でしょうか?無添加と聞くと、肌に優しそう・肌が荒れない・誰にでも合う・というイメージを持ってしまいがちですが、そうではありません。

 

また、「無添加」というと、合成成分が一切使われていないという誤解をしている方もいらっしゃいますが、それも間違いです。無添加とは、「旧厚生省が指定した、アレルギー反応を引き起こす危険性の高い化粧成分を配合していない」という意味なので、他の合成成分が含まれている可能性は大いにあります。

 

ただし、無添加化粧品として販売されているものは肌によいかどうかを考えて作られているものが多いので、極力化学物質などは使用されていないものが多いようです。先ほど紹介したように、化学物質がすべて悪いわけだはないので、自分に合わない物質は何なのか、どんなものが含まれているのかなどを自分の目で選べば問題ありません。

オーガニック化粧品とは?

オーガニックとは、農薬や化学肥料を使わない有機農業のことを言います。体によい植物を作るという目的で作られたオーガニックの植物を原料にした化粧品のことをオーガニック化粧品と言います。

 

ただし、肌への刺激となる化学化合物が含まれていないオーガニック植物を原料に含むので必ずしも肌に優しいとはかぎらないことに注意が必要です。なぜなら、日本ではオーガニックコスメの認定について公的な期間がなく、厳格な規定が設けられているわけではありません。

 

日本でオーガニック化粧品として販売している商品の中には、ほんのすこししかオーガニック原料を配合していないものや、化学合成成分を多く使っているものもあります。オーガニック化粧品メーカーの中には独自の規定を設けているところもありますが、国際的な基準と比べると甘い基準であることもあります。

 

基本的には「有機栽培で栽培された植物を使って作られたのがオーガニック化粧品」ですが、その品質には差がありますので自分の目で確認する必要があります。国際的にはオーガニック化粧品の認定期間が多くあり、日本国内の化粧品でもそのようなオーガニック認定を取得したものもあるので、それらの化粧品から選ぶのもよいでしょう。

 

また、海外のオーガニック化粧品メーカーの商品を使うのもよいかもしれません。いずれにしても、どんなに肌に優しいものでも自分の肌に合うという保証はないので、必ずパッチテストをしてから使い始めるようにしましょう。

 

しっかり選べば、肌に優しいというメリットがあるオーガニック化粧品ですが、手間と時間がかかるため大量生産が難しく、製品の値段がケミカルコスメに比べると割高であるというデメリットもあります。

まとめ

オーガニクや無添加・自然派という言葉が浸透してきて、なんとなくこれらの単語が表示されていると体に良さそうな感じがしますが、実はそうではないとうことをご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

よく耳にする化学化粧品・無添加化粧品・オーガニック化粧品の違いをわかっていただけたでしょうか?

 

日本には化粧品に関する規定がしっかり設けてありませんので、パッケージに表示されている文言だけを見て判断するのではなく、成分表示を確認したり、信頼できるメーカーを見つける必要があります。また、それぞれの化粧品にはメリット・デメリットがありますので自分に合うものを見極めましょう。素敵な化粧品に巡り合えますように!