美白美容液を上手く選ぶために美白成分を知ろう

美白するためには美白美容液を使うのが効果的ですが、美白美容液もたくさんあって、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。そんな方は、美白成分を知ることから始めましょう。有効成分を知って、自分にあった美白美容液を選んでみましょう。

メラニン生成を阻止してメラニンを薄くする成分

ビタミンC誘導体

美白美容液に使われる代表的な成分がこのビタミンC誘導体です。ビタミンCはメラニンがせいせされるのを防止するだけでなく、メラニン色素を薄くする効果もあるので美白には欠かせない成分ですが、化粧品に配合すると壊れやすいというデメリットがあります。

 

それを誘導体にして安定させることによって効果的に肌に効かせるのがビタミンC誘導体です。ただし、単体だと刺激が強すぎて肌を乾燥させる作用があるので、乾燥が気になるかたは保湿成分が配合された美容液を使ったり、保湿成分を多く含む化粧品と併用することがオススメです。

ハイドロキノン

お肌の漂白剤と呼ばれるほど高い美白効果があるのがこのハイドロキノンです。メラニンの生成を防ぎ、メラニンを薄くする還元作用も兼ね備えています。

 

美白効果は高いのですが刺激がとても強く、安定性もなかったので以前は皮膚科でしか処方してもらえない成分でしたが、今では低濃度であれば化粧品にも配合できるようになりました。

メラニンを作る過程を阻害する成分

トラネキサム酸

メラニン色素が生成されるのを抑えるだけでなく、炎症を抑える働きがあります。美白効果と肌荒れを改善する効果も兼ね備えた一石二鳥の美容成分です。

アルブチン

もともとは梨やコケモモなどの植物に含まれている成分で、メラニン色素の生成を抑えます。また、肌に吸収されるとハイドロキノンになってメラニン色素自体を除去する働きもあります。アルブチンにはα-アルブチンとβ-アルブチンがありますが、どちらもハイドロキノンに比べて皮膚への刺激が少なく、安定していることが特徴です。

カモミラET

カモミールから抽出される美白成分で、シミを作るように指令を出す情報伝達物質エンドセリンを抑制して、メラニン色素が増殖・活性化するのを防いでくれます。

エラグ酸

いちご・ラズベリー・ブラックベリーなど植物に含まれるポリフェノール系の抗酸化物質です。高い美白効果があると言われていて、アルブチン同様に肌への刺激が少ないため美白美容液によく用いられます。海外ではサプリメント成分としても人気があります。

プラセンタエキス

動物の胎盤から抽出される成分で、メラニン生成を阻害する働きがあります。そのほかにも、新陳代謝や血行をよくするという働きもあり、美容に効果のある成分です。

美白美容液の選び方

美白成分には、主にメラニンを作る過程を阻害するものと、できてしまったメラニンを薄くするものがあります。つまり、予防・還元の2種類があるのです。自分に効果的な美白美容液を選ぶにはまず、すでにできてしまったシミを薄くしたいのか、これからシミができないように予防したいのか、それともその両方なのかを考えましょう。

 

次に、自分の肌の状態を見てみます。肌に特別なトラブルがなく、早くシミを薄くしたいと考えている人はビタミンC誘導体やハイドロキノンが高濃度で配合された美容液を選びましょう。もともと乾燥肌・敏感肌の方は美白成分の中でも肌に優しく、保湿効果もあるプラセンタを配合した美白美容液がオススメです。

 

売れている美容液や、口コミのよい美白美容液が自分にも合うかどうかはわかりません。その時の肌の状態や自分の目的にあった美容液を選びましょう。また、美白成分が少ししか配合されていない美容液もありますので、配合量も確認して購入する必要があります。

 

化粧品の成分はパッケージの後ろの方に記載されていて、量の多いものから順に書いてありますので有効成分ができるだけ上の方に書かれているものを選ぶことをお勧めします。

美白美容液は使い方も重要

美白美容液は使い方次第で効果が出ないこともあります。よくあるのが、シミが気になるところにしか美容液を塗らないという使い方です。美白美容液は高価なことが多いのであまりたくさん使いたくないという気持ちはわかりますが、今シミが出ていなくても、シミやソバカスの原因となるメラニンは肌にたくさんひそんでいます。

 

特に、これからシミができないように予防したい人は顔全体に使うようにしましょう。シミがある部分もない部分も、顔や首全体にたっぷり塗るのが効果的だということを覚えておきましょう。また、美白美容液はより高い効果をだすために肌に浸透しやすいように作られていますが、中には刺激が強いものもあります。

 

今まで使っていた美白美容液が急に合わなくなったり、肌が弱っているときにはヒリヒリすることもあるのでそんな時は無理に使わないようにしましょう。

 

また、海外の美白美容液の中には日本で販売されているものよりも美白成分が高濃度で配合されているものもありますが、それだけ刺激が強いですので注意して使いましょう。肌に刺激があるということは「効いている」ということではありません。違和感を感じたらすぐに使うのをやめて、皮膚科に相談しましょう。