乾燥肌で化粧水がしみるときはどうする?

オイリー肌はケアですぐに良くなることが多いですが、厄介なのが乾燥肌です。もともと乾燥肌の人でなくても、冬になると誰しも肌が乾燥してきますよね。乾燥肌の対策としては保湿をすることが大前提ですが、保湿をしようと使った化粧水までがヒリヒリとしみてしまった経験はありませんか?どうして今まで使っていた化粧水が突然しみてしまうのでしょうか?その原因と対処法をご紹介します。

化粧水がしみる原因

どうして化粧水がしみてヒリヒリしてしまうのでしょうか?その原因は肌のバリア機能が壊れてしまって、外部からの刺激が直接肌の内部に届く状態にあるからです。今まではなんともなかった刺激でも、肌のバリアが壊れていると肌にダメージを与えてしまうのです。

 

化粧水や化粧品にはアルコールなどの刺激物が多少含まれていることがほとんどですが、肌の角質層には本来バリア機能があるので、化粧品を使っても、赤くなったりヒリヒリすることはないのです。

 

では、肌のバリア機能が低下してしまう原因はなんなのでしょうか?バリア機能が低下する原因は私たちの日常生活に多く潜んでいます。日光や大気汚染、ウイルスやほこりなどです。でも、一番良くある原因が乾燥です。

 

乾燥でバリア機能が壊れてしまうと、ダイレクトに肌に刺激が入っていってしまうのです。この状態が敏感肌と呼ばれる状態です。では、洗顔や化粧水がしみるようになったらどうすればいいのでしょうか?

乾燥肌の原因と対策

肌を洗い過ぎない

乾燥肌になる原因は人それぞれですが、意外に多いのが顔を洗い過ぎてしまうことです。化粧水が肌にしみるという症状のほかに、肌がつっぱっている人は洗い過ぎの可能性がとても高いといえます。

 

そんな方は、洗顔の仕方・洗顔時の温度・洗顔の回数などがまちがっていることがあります。乾燥肌を招いてしまう要員としてあげられるのは以下のことです。

  • 汚れを取ろうとして肌をゴシゴシこする
  • 高温で洗顔する
  • 1日に3回以上洗顔する
  • 脂取り紙を頻繁に使う
  • シャワーを直接顔にあてる
  • ニキビ用の洗顔料を使っている
  • 頻繁にピーリングを行っている
  • 朝も夜も洗顔料を使って念入りに洗顔している

これらを行っている人は肌を洗い過ぎています。洗顔は1日に2回までにし、すこし冷たいと感じるくらいのぬるま湯で洗顔を行いましょう。ニキビ用の洗顔料は皮脂を過剰に取り除くものが多いので注意が必要です。

 

脂取り紙で皮脂を取るのもそうですが、皮脂は取り過ぎてしまうと余計に分泌しようとする性質があります。日中に顔のテカリが木になったらティッシュオフする程度にしておきましょう。また、シャワーを直接肌に当てたり、肌をゴシゴシこすったり、頻繁にピーリングを行うのも肌のバリア機能を弱める原因になりますので注意しましょう。

肌に合わないものは一旦やめる

化粧水を使った時に肌がしみてしまう場合、原因は化粧水にあるかもしれません。つまり、化粧水が単に合わないだけの可能性があります。そんな場合はパッチテストをしてみることをお勧めします。

 

一般的な方法は、二の腕に10円玉くらいの大きさで化粧水を塗り、1日放っておく方法です。塗った部分が赤くなったりかぶれがでた場合は化粧品に含まれている成分が合わなかったり、アレルギーの可能性があります。

 

全く変化がない場合は化粧品ではなく肌が乾燥していたり、ダメージを受けやすいという状態であるのが原因です。パッチテストでかぶれた場合はより低刺激の化粧水を選ぶことでしみなくなることもあります。肌の状況が原因なら、化粧水を違うものに変えてもあまり効果はありませんので肌の状態を良くすることを考えましょう。

食生活と生活環境の見直し

乾燥肌をケアするためには、先に紹介したように正しい洗顔を行うことが一番大事ですが、それと同時に食生活と生活習慣を改善することでより早く肌のバリア機能を回復することができます。

 

まず最初に見直すべきは部屋の掃除!いくら肌をケアしても、部屋にほこりがたくさんたまっていたり、まくらカバーが汚れていたりすると肌に悪影響です。乾燥肌はダメージにとても弱いので、それらの汚れがより肌のバリアを破壊することになってしまいます。

 

部屋を掃除し、ほこりや汚れを徹底的に排除しましょう。そのあとは部屋の湿度に注意しましょう。冬になって湿度が低くなると、肌が乾燥しますよね?それと同じように、部屋の湿度が低いと肌も乾燥し、かゆみの原因になります。加湿器で部屋の湿度を高めたり、コップに水を入て部屋の乾燥対策をしましょう。部屋に濡れたタオルや洋服を干しておくのも効果があります。

 

食事でのインナーケアとしては、ビタミン摂取が美肌の大原則ですよね。ビタミンCを多く摂ろうとする人は多いですが、その他のビタミン類も同時に摂取することが意地です。野菜や果物にはビタミンが豊富に含まれているのでぜひ積極的に食べるようにしましょう。乾燥肌に効果があるのはビタミンAと言われているので、ビタミンAを豊富に含んだ人参やカボチャを食べるのおすすめです。

まとめ

乾燥肌で化粧水がしみてしまうことの原因と対策をご紹介しましたが、いかがでしたか?肌の洗い過ぎが主な原因だということは盲点ですよね。ぜひ、洗顔方法を見直し、食生活と生活習慣の改善も行って欲しいと思います。