あなたは間違ってない?化粧水で保湿する落とし穴とは?

どんな人にとってもスキンケアで一番大切なのは保湿ですよね。どんな肌トラブルも、しっかり保湿を行うことで改善するものです。だから洗顔後は化粧水をたくさん使って保湿をしますよね。

 

でも実は、化粧水で間違った保湿を続けていると逆に肌トラブルの原因になることもあるのです。肌が潤うメカニズムや、化粧水で保湿する正しい方法などをご紹介します。

肌が潤うとなぜいいの?

肌を保湿することが肌にいいのは周知の事実ですが、何がいいのでしょうか?まず、肌の潤いを保つことで肌のバリア機能を維持することができます。潤い成分が角質細胞同士の間を埋めてくれることで、外部からの刺激が肌の内部に入るのをシャットアウトしてくれるのです。

 

また、肌には新しい角質に生まれ変わるターンオーバー機能が備わっていますが、肌が乾燥してしまうと角質が硬くなってターンオーバーがうまく行われなくなります。そうすると肌がゴワゴワしたり、毛穴が開いたりと肌トラブルの原因担ってしまうのです。

 

また、肌の潤いがなくなると肌のハリや弾力まで失われてしまいます。これらのトラブルを起こさないためにも、肌を潤わせることは重要なのです。

化粧水で肌が潤うわけとは?

普通に水をつけただけでは潤わないのに、化粧水をつけると肌が潤うのは保湿成分のおかげです。保湿成分の入った化粧水を使うことで、肌に潤いを閉じ込めることができるのです。それなら、保湿成分が入った化粧水をたっぷり使えば肌はウルウル、もちもちになるのでしょうか?実はそうではないのです。

化粧水で保湿しすぎると逆効果!?

毎日のスキンケアで毎回たっぷりと化粧水を使ってケアしたり、毎日パッックをして保湿に気を使っている方も多いのではないでしょうか?でも、過剰に化粧水をつけることで帰って肌荒れを誘発することもあります。例えばパッティングです。

 

化粧水を肌の奥の奥まで浸透させようとして、長時間パッティングを行っていると、実はその間に肌から水分が蒸発してしまいます。このとき強いのが、化粧水の水分と一緒に肌にもともとあった水分まで蒸発してしまうこと。

 

これが乾燥肌の原因にもなるのです。そのためパッティングには必要以上に時間をかけず、潤いを逃さないようにクリームやオイルで蓋をすることが肝心です。また、化粧水をつけすぎると角質層がふやける原因にもなります。

 

化粧水をつけると確かに肌は潤おったように感じますが、実は化粧水をつけて潤うのは肌の表面にある角質層だけで、その厚さはなんとたったの0.02mmなんです。お風呂に長く使っていると肌がふやけてきますが、化粧水をつけすぎても同じような現象が起こります。

 

角質層は肌のバリア機能をつかさどる大事な部分ですので、そこがふやけてしまうとバリア機能が乱れて肌が敏感になり、水分も蒸発しやすくなってしまいます。また、化粧水はどんなにつけても一定量しか浸透しませんので、肌が吸収できる量以上の化粧水を使っても無駄です。余分な水分は結局蒸発してしまうのです。

化粧水の使い方も要注意

化粧水を浸透させるときには手でする方とコットンを使う方がいますよね。コットンを使って長時間パッティングすることが肌の水分を奪ってしまうということをご紹介しましたが、実は手でつけた場合も注意が必要です。

 

化粧水を浸透させようと何度もパッティングを続けると、それで肌が傷つき、水分が奪われてしまいます。また、肌が乾燥しててダメージを受けやすい状態だと、ちょっとした刺激でも肌の毛細血管が傷ついてしまいますので肌が弱っているときにはさらにやさしく化粧水を塗る必要があります。

 

よく、肌を叩けば化粧水が浸透すると思っている方がいますが、それは間違いです。肌を叩いても化粧水が奥まで浸透するわけではありませんので、肌をやさしく包むようにして化粧水を使いましょう。

化粧水を使って正しく保湿しよう

一人一人に合う化粧水が違うように、化粧水の適量には個人差があります。肌の質や乾燥度合いが違うためです。では、自分にあった化粧水の量をどうやって確認するのでしょうか?まず化粧水をつけるときには1回あたり500円玉くらいの大きさをつけます。

 

一度つけたら肌を触ってみて、どれくらい潤っているのか確認します。肌がしっとりしていたり、ひんやりしていると感じたら潤いが届いている証拠です。まだ潤いが感じられないようなら、もう一度500円玉程度の大きさで化粧水をつけましょう。

 

これを繰り返して自分の適量を見つけていきます。こうすることで、化粧水をつけすぎてしまうことを防ぐことができます。また、同じ人でも季節や肌の状態によって必要な化粧水の量は変わっていきますので頻繁にチェックすることをお勧めします。

 

化粧水は冷たい状態よりも温かい状態の方が肌への浸透力がアップしますので、手のひらで一度温めてから肌につけるようにしましょう。つけるときには叩いたりせず、やさしく触れるようにしてつけることも忘れないようにしましょう。

まとめ

以外と知られていない化粧水で保湿することの落とし穴についてご紹介しました。つけすぎが逆に肌トラブルにつながるなんて知らなかった方も多いのではないでしょうか。これからは記事を参考に、適量を正しい方法で使うようにしましょう。